読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocorosalon’s diary

CHAGE&ASKAがやめられない。。。

豪華客船「ASKA」号

最近、ASKAさんのブログがまるで豪華客船のように感じてしまう。

簡単には乗れるはずのない豪華客船。

 

切符を手にした私達は次々に乗り込む。

 

乗客は思い思いに客船を満喫する。

 

波の穏やかさは船長「ASKA」の気分次第。

 

ASKA船長の気分次第で船は大きな波で揺れ、乗客の私達は青ざめながらひたすら揺れが鎮まる事を願う。

一部の乗客同士でのケンカも勃発する。

 

そんな次の日は決まって快晴になり、ASKA船長からのご馳走が振る舞われる。

私達乗客はご馳走に舌鼓をうつ。

大きな揺れが嘘だったかのように気持ち良い旅がまた始まる。大きな安堵感に包まれる。

 

船酔いはゴメンだと、降りる者も以前は見かけたが、今ではめっきり見かけなくなった。

ASKA船長へクレームをつける者も今では珍しい。

クレームをつけていた客の言っていた事は、私には理解できるものもあった。

ASKA船長へはどう響いていたのだろう。

 

最近のASKA船長はご機嫌だ。

波が穏やかで船酔いをしなくて済むならそれに越した事はない。

青ざめたくはない。

 

4月から何やら客船のスピードを上げるらしい。

乗客の私達の前に出てくる時間も少なくなるらしい。

運転が充実するのであれば私は構わない。

ちょっと淋しいけど。

 

退屈で、ケンカやらが勃発しないといいんだけど。

 

ASKA船長の運転の邪魔になるから。

 

ただね、健康あっての「豪華客船ASKA」号だからさ。

たまには息抜きもしてさ、くれぐれも安全運転して欲しいな。

スピードの上げすぎで沈没なんてしちゃったらシャレになんないからさ。

 

信じて乗っているよ。

 

「Too meny people」をイヤホンで聴きながら。