cocorosalon’s diary

CHAGE&ASKAがやめられない。。。

遠慮しなくていい

最近思う事がある。

 

20代の中盤で、心技体のバランスを崩し大好きだった仕事を挫折した。

 

それからは、世の中とか今までの仲間とか友達とか色々な人達に勝手に遠慮しながら過ごした。

 

長い長いトンネルに入った。

 

人生にトンネルがある事を知った時間だった。

 

長いトンネルでも進んでいたら必ず光が見える。

 

それが今かもしれない。

 

 

 

トンネルをくぐる事は必然だったのだろう。

 

トンネルに入って知った事が沢山ある。

今では財産となっている。

 

 

またトンネルをくぐる事があるかもしれないが、同じトンネルではないと思っているし、それも必然な事だろう。

 

トンネルも悪くない。

 

 

けど、そろそろ光を浴びたくなった。

 

 

もう誰にも遠慮しなくていい。

 

小さくならなくていい。

 

自分の思うようにやろう。

 

 

そして新しい自分に会ってみたい。

 

 

 

 

 

応援するように!?

先日、近所のディスカウント価格で販売する服屋さんにて、なんと❗

 

「ホスピタルウェア」が1枚、100円で販売されてたので、ちょうど私のサイズSを三枚大人買い(笑)してしまいました😂

 

100円だなんて夢のような話でした。

 

この制服は私の開業時のデビュー服となります❗

 

ボンビな私を応援するような出来事に感謝、感激、雨アラレです🙇

 


f:id:cocorosalon:20170918140347j:image


 

ちなみに、この制服はお尻位の丈の長さなので、下は黒ズボンを履こうと思います😁

 

久しぶりに、得した気分でテンション上がった出来事でした~(´ω`)

Mr.Jの悲劇は岩より重い

今日は、なんとなくCHAGE&ASKAを聴きたくなりYouTubeを徘徊。

 

超、面白いお宝映像がありました!

 

 

「Mr.Jの悲劇は岩より重い」というCHAGEさん作のユニークな歌❕

 

コンサートで二人が楽しそうに踊っておられました。

 

 

23年位前のCHAGE&ASKA❗❗

 

さすがに若い(笑)

 

私、その頃中学生❕

 

 

超、懐かしい~~

 

 

 

ASKAさんの軽快な踊りと、CHAGEさんの最後のドジョウすくいみたいな踊りが面白すぎて、一人でケラケラ笑ってしまった(笑)

 

 

CHAGE&ASKAがお好きな人、是非❗

 

ご覧下さい(笑)

タイミング良すぎ!!

先日、私の愛車MlNlを見て、

 

「主人も大好きでMlNlに乗ってるんですよ~」と声をかけて下さった方がいた。

 

MlNlに乗っているとたまにこういう事があり、MlNl話で盛り上がる事がある。

 

しかし、

 

「故障とかしません??」

 

はい、キターー❗❗

 

 

話の流れは、MlNlの故障あるある の話へと移行していくのが、だいたいの流れである。

 

面白い事に出会った方のほぼ8割方はそうだ。

 

今回、出会った方も、しょっちゅう故障をしているらしく、それでも好きな気持ちは変わらないらしく乗り続けておられるとの事。

 

 

うん、うん、同じ同じ、私もだよ・・・

MlNl乗りはクレイジーなのだ。

一度乗りだすと、蟻地獄のようにハマってしまう恐ろしい車…

もう、誰にも止められない・・・

 

 

と内心、ボソボソつぶやきながら、MlNlあるあるの話で盛り上がった。

 

 

 

翌日・・・・・・・

 

 

いつものように愛車MlNlの、たたんだサイドミラーを広げようと、ポッチをひねる。

 

「ウィーン」と広がるが、なんか変。

 

変だよ。変。左側のミラーが変だよーー❗❗

 

左側のミラーだけが定位置に固定されず、変な方向を向いている。

 

 

これも実は私のMlNlあるあるで、誰かと故障話をしていると、聞いていたかのように不機嫌になるのだ…。

 

やってしまった。

そうだった。

ついつい愚痴ってしまった。

可愛いんだけどね。

 

 

 

現在、部品の中古品と新品の見積りを出してもらっている・・・

 

あ~~~、うかつにMlNlの話では故障話で盛り上がれませんね。

 

 

以後、気を付けます・・・m(__)m

ポツーンと孤独

やっぱり私は年齢的にどこからどうみても結婚適齢期をすぎつつあるらしい…😅

 

二年後の開業に向けて準備中のため、今は結婚をする事は考えられない。

 

器用な人はどちらも手に入れる事を行動する人もいるかもしれないけど。

 

 

学生時代からの親友に、

 

「老後寂しくない?」と言われた。

 

それはつまり、「今子供産まないでどうする?」と言われた気がした…。

 

 

いつもなら、人に言われてもどうにかプラス思考を働かせはね除けてこられたが、今日は凹んだ。

 

多分、心のどこかでは気にしている自分がいるからだ。

 

 

でも、今は結婚、子供より、自分の夢を叶えられなかったことに後悔する自信がある。

 

それは本当にイヤだ。

 

 

色んな生き方があってもいいじゃない?

 

と親友に言いたかったけど、親友の言っている事も大いに分かるので、言わなかった。

 

 

 

エアコンの要らない嘘のように肌寒く変化した気候も手伝ってか、今日は久しぶりに寂しくなった。

 

 

たまには孤独感に浸ってみよう・・・😢

人がもつそれぞれの感覚

人がある物事に関して、重大かそうでないかと感じる感覚って本当にそれぞれなんだなと思った。

 

今回の北朝鮮のミサイル発射に関してのある俳優さんのコラムを読んで驚いた。

 

 

日本上空をミサイルが通過した件で、Jアラートを鳴らし、安部総理が緊急会見した事、新幹線運転の一時見合わせなどが、大袈裟だと言っていた記事だ。

 

私は政治にはあまり詳しくないので、政治に詳しい人からすると、そういう見方もできるのだろう。

 

 

個人的には、熊本地震を経験した事で危険と思われる事への感心の度合いは敏感になっている。

何事も対岸の火事とは思えない。

いつどこで何が起きるかは分からない事を身をもって経験させられた出来事だった。

 

私としては、今回のミサイルでのメディア等の反応はとても過剰だなんて思えなかった。

安部総理の緊急会見にしろ当然にも思えた。

そのくらい、今回の北朝鮮の件は異常で危機な行為だと思った。

 あれは、安部総理のパフォーマンスだとか、事前に分かっていたとか、どうでもいい。

あの時間に発射された事実は変わらない。

 

「何事も絶対なんかない」と思っている。

 

 

 

この世界の片隅に」という映画を観たことのない方には、この映画を是非みていただきたいと思う。

 

時代が変わったようで、基本的に変わらない部分の事の方が多い事を思い出させてくれる。

 

 

私は、日本は本当に平和ボケしていると思っている。

でも、平和ボケできる生活の方が本来あるべき姿なのだと思う。

 

人が人の安全を脅かせ、命を奪う権利なんてどんな人間であっても、そんな権利は存在しない。

 

 

このままでは先代が掘った防空壕を再利用させてもらう日も近いだろうな…

エステサロンの新時代【持論】

もうかれこれ約20年近く前、私が就職先として選んだ場所はエステテックサロンでした。

 

当時、私が母に「エステサロンに就職する」と言うと、大反対されましたね。

 

母はどちらかというと専業主婦で家庭だけを守るタイプで自分にお金をかけるような母ではなかったので、「エステサロン」に対してのイメージは、贅沢、怪しい、派手、真っ当な仕事ではない等の負のイメージが強かったのかもしれません。

 

 

そんな20年前と今では、エステサロンのイメージや普及も当時に比べたらだいぶん身近なものとなってきているのかな??という気もしますが、回りにエステサロンに通っている人がほとんどという感じではないですね。

 

そもそも、エステサロンとはどういう事をするのか??という方の為に・・・

 

 

・痩身(ダイエット)でお悩みの方に、食事指導や、マシーンやマッサージを用いて、心身の美と健康のお手伝いをします。

 

・フェイシャルケア。お肌の悩みをケアにより解決し、コンプレックスを緩和するお手伝いをします。

 

・リラクゼーション。ストレスフルな日常のダメージを受けた心身をアロマオイル等を利用して身体をほぐしトリートメント。癒されたい方にはおすすめです。

 

・脱毛。エステサロンでも利用可能な脱毛機器や、ワックス等を利用して、ムダ毛のコンプレックスを除去するお手伝いをします。

 

 

などなど、大まかな内容ではありますが、だいたいはこんな感じで、実際はまだまだ色んな事をやっていたりします。

 

 

私がこの仕事を面白いと感じるのは、コンプレックスの緩和により、心身の充実のお手伝いに携われる事にあると思っています。

 

 

 

この20年間の間に、私達の生活は本当に便利で、それと引き換えにストレス(負荷)がずいぶんと掛かる時代になっているとも思います。

鬱病などの病気が今では珍しくありません。

どんなに過酷な時代になっても自分を守れるのは自分しかいないのです。

 

心身のダメージは見た目には非常に分かりにくいので、病気になってから事の重大さに気付かされる場合が多いです。

しかし、それでは遅いのです。心身の回復は思っているよりも時間がかかる場合がほとんどです。

 

例えば、髪の毛のように、見た目で伸びたと分かれば美容室へ行きます。

見た目で分かるっていうのは、ありがたい事です。

心身の疲労は、本人にしか分からないし、髪の毛のように伸ばし続けて他人を不快にさせる事もないので割りと放置気味になりがちです。

 

 

やっと、本題になるのですが、これからの時代エステサロンは特にリラクゼーションの分野で、美容室と同じような感覚で、女性も男性も、もっと気軽に利用するような感じになっていくのでは?と思っています。

 

もうそこには、男でエステなんて…という偏見もないのです。

 

美容室のように、男性、女性問わず、待合室では普通に顔を合わせても違和感を覚えない感覚です。

 

何を言いたいかと言うと、自分をケアする事を躊躇せず、サロンをもっと身近に取り入れて、女性も男性もそれが当たり前の感覚の時代になるのでは・・・というか、当たり前にしてストレスと上手く付き合い、より充実した生活が送れるようになればいいな~と思っています。

 

そんな思いから、今後は自分の思うサロンを造る夢に向けて頑張ります❗