cocorosalon’s diary

CHAGE&ASKAがやめられない。。。

悲しいねぇ・・・

まだまだこれからの16歳の高校生の男女が自分たちの赤ん坊を土に埋めて逮捕される…。

 

 

いや……、悲しいですよ。

 

 

まだ高校生なのに、性行為をするのが悪い!

 

避妊をちゃんとしなかったんだろ!?

 

 

 

そんな声が聞こえてきそうですけど。

 

 

 

16歳は確かにまだまだ子供です。

 

 

世の中がどういうものかも、善と悪の区別や

判断もまだまだ分かりません。

 

 

でもまだ分からなくて当然なんですよね。

 

 

人生一期生のまだ生まれて16年ですよ……。

 

 

大人だって毎日間違えながら生きている。

 

 

 

赤ん坊を埋める選択肢を選んだ二人の真意は分からないけど。

 

 

遺棄=犯罪って事は悪なのは分かっていただろけど。

 

 

選択肢を知らない、選びきれない、どう判断したらいいのか分からない。

 

 

その結果である事は確かだと思う。

 

 

私は今の性教育がどんな具合かは分からないけど、学生で妊娠したらどうしたらいいのか?なんて、当時に教えてくれた人は親も含めて誰1人いなかったな……。

 

 

私の親は子供が性行為をするなんて想像もしてないような、性に関して閉鎖的な家庭に育ちましたからね。

 

 

でもね、年齢は子供でも恋愛はするし、恋愛したら性行為だってするし、体は大人と変わらないんですよ。

 

 

まだ選択肢を知らない、選択肢を選べない学生が妊娠して親にも相談出来なかったら…。

 

 

世の中に安心した受け皿を作る事は子供を甘やかす事とは違うと思うんですよ。

 

 

ただし、受け皿があるからと避妊をしない性行為や妊娠を安易に考えるのは言語道断だけど。

 

 

行き場がなく、犯罪と言われる選択肢を選ばなくていいような世の中に変えていく必要は絶対にあると思うのです。

 

 

 

16歳の二人に、やった事は大きな間違いだったけど、幸せになれるように頑張れ!って言いたいな。

 

CHAGEさんの匂い

ここ最近のASKAさんのブログがCHAGEさんの匂いで充満しています。

 

 

CHAGEさんが恋しくなって想いをはせているのか?

 

 

CHAGEさんとの関係に進展があったのか?

 

 

ASKAさんに突っ込んでインタビューしたいとこだけど……

 

 

そこはね。

 

 

大人なのでね。

 

 

 

やめておきます。(笑)

 

 

 

 

ASKAさんも、もったいぶって?言わないしね(笑)

 

小悪魔ASKAだな~( ̄^ ̄)           もぉ~~

 

 

 

まぁ、いいんです。

 

 

 

ブログ開設当初からすると、CHAGEさんの匂いなんて全く想像できなかったから。

 

 

やっぱり時は、流れ流れているんですね。

 

 

そして、気持ちのある方向へ流れてゆく。

 

 

 

 

二人の気持ちが出会ってくれたら嬉しいな。

 

 

 

 

 

待ってますよ🍀🍀🍀

美容業界への復帰に向けて

ちょっと自分の人生を振り返ってみます。

 

調理師の資格を取れる高校を卒業後、ある人との出会いをきっかけに、興味のあった美容業界(エステサロン)に就職する事になりました。

 

最初は当然ながら雑用から。タオルの洗濯から次のお客様のベッドのセッティング、お客様のフォロー、お店が円滑に回る為に陰ながら一生懸命に働きました。

次第に技術的な事もやらせて頂く事となり、オイルマッサージは大好きな施術の一つでした。

こちらのサロンは、約1年程で退社。

 

 その間、温泉施設でのアカスリエステ等も経験しました。

こちらでは女性だけではなく男性のお客様も来られます。男性の身体は女性とは異なり、筋肉が硬く身体の面積も大きいので、1人終えるとクタクタになっていた記憶があります。これはこれで貴重な体験でした。

 

そして、

二件目の新しいサロンに就職します。

こちらのサロンでは、最初オーナーが一人でサロンを運営されてました。

私は、一番最初となる従業員です。

とりあえず、最初に就職したサロンで得た知識と技術をこちらのお店で生かす事としました。

オーナーからは大変感謝されました。

私も生かせて良かったと思いました。

こちらのサロンでは個人サロンでありながら最新の痩身マシーンを持っており、お客様は日ごとにどんどん増えていきました。

 

営業時間終了後、オーナーと売上を計算すると、毎日毎日、凄い金額の売り上げ額が上がっていました。

 

それはそれで、オーナーの機嫌も良くなるし、自分のお給料にも反映してくる事なので売り上げを上げる事に力を注ぐようなスタイルが定着していきました。

勿論、売り上げを上げるという事は大切な事です。

 

この頃から、自分の中で葛藤が生まれはじめました。

本当にお客様は、満足してもらえているのだろうか?

癒されて帰ってもらえているのだろうか?

 

と…………。

 

しかし、そんな壁とは裏腹にお店はどんどん売り上げを伸ばし県外へ数店舗、お店を増やし、私もほぼ仕事に自分の時間を費やす生活が続きました。

本当に忙しい日々でした。

 

 

見てみぬふりをしていた壁は、私へ、身体の不調として現れてしまいました。

 

精神薬に抵抗のあった私は、月に数万円もする漢方薬にお世話になりながら、限界ギリギリの身体でやっていました。

 

そして……、ついに人に触れる事が嫌になってしまい……。

 

エステティシャン人生、もう終わりです。

 

私にはこの仕事しかないと思ってましたので、本当に脱け殻のようになりましたね。

 

退社してから失業保険で過ごした半年間、精神的肉体的、とても辛い時期でした。

 

もうこの仕事に戻れる事はないだろうと。

 

 

でも、いつか、いつか、今度は自分で自分の思うお店を出そう。

そんな希望が小さく芽を出すようになってきたのです。

 

この小さな芽は私の生きる希望になりました。

 

アパートの一室でいいんです。

 

どこにも吐き出す場所のない癒しを求めているお客様の拠り所を作りたい。

 

お客様が来なくて生活が出来ないなら、アルバイトに出ればいい。

 

その場所を作って、1人でも私の施術で癒されてくれる人がいたら、それだけでお店を出した意味がある。

 

 

もう一度、あのお客様の喜んでくれた笑顔に会いたいな。

 

 

あの時の壁の苦しみは私にとっては絶対に必要だったはず。

 

あの苦しみがあったから、今の自分がいる。

 

 

これからも壁にぶち当たる事は沢山あると思うけど、自分で選んだ道。

なんとかくぐってみせます。

 

 

あと2年後です。

 

 

もうすぐです。

 

 

頑張るしかありません。

 

 

 

 

こんなに暑い日は……

不思議と食欲が減退しますね……😵

 

しっかり食べて、体力をつけた方がいいはずなのに身体はあまり食べ物を欲してない感じなのです。

 

困りました…😅

 

 

普段、ポテチ等のスナック菓子は本来好きだけど、あまり食べないようにしています。

 

美容と健康の為にね……

 

 

でも、我が家には常備菓子?として母がストックしております😅

 

 

なんとなく、その禁断のポテチが食べたくなり袋を開けてみました。

 

超~~ウマイ

 

本音です。

 

 

ちょっとならいいよね?と食べるつもりが……

 

やめられない、止まらない………😅

 

 

食欲なかったはずなのに、お菓子はイケるのです…。

 

 

いや……、ご飯の代わりにお菓子とは罪悪感が半端ないです😅

 

 

ま、飢え死にするよりはマシですね。

 

 

とりあえず、気休めに各種類のサプリで栄養補給です。

 

 

 

夏~~~~、早く終わって~~~~😱

リラクゼーション サロン cocoro

二年後のサロン開業に向け、毎日奮闘しております。

 

いや~、生きるって大変、仕事って大変・・

 

でも生きているからこそ❗

 

この世に生を受けている以上は、世の為、人の為、何よりも自分の為❗

死ぬ時に、『あ~、もう悔いはないわ…』と思って終わりたい。

 

いやいや、まだ死ぬ事を考えるのは早いけど、生きているのが当たり前だなんて、お門違い。

 

だから、今を懸命に生きよう❗

 

自分なりに。

 

無理はせず、自分を労りながら。

 

 

2つの資格取得に向けても頑張ろう❗

 

 

頑張れ自分❕❕(笑)

食事の温度

食べる事は生きる事。

 

健康で1日も長く生きるために、食べ物に気をつかっている方は沢山おられると思います。

 

私が気をつけていること……。

 

・できるだけ無添加

・五代栄養素をまんべんなく

・清涼飲料水を控える

・できるだけノンカフェイン

・油は種類に気をつける

・糖分はほどほどに

・血糖値を急に上げないよう、野菜から食べる

・塩分に気をつける

・辛いもの刺激物はほどほどに

 

 

まぁ、ザッと普段の食生活で気をつけている事を書き出してみると、こんな感じでした。

 

先日、ある放送局でインド料理の作り方とインド料理について語られている番組を見てたんですが、とてもイイ情報をgetできました。

 

というのも、インドの食文化で食べると言えば、手を使って食べるイメージないですか?

 

そういう風習のない私には、食べ物を直に触って食べる事にとても抵抗があり、手で食べる事について無関心でした。

 

今回、その番組でインド料理(インドカレー)について熱く語られていたのですが、手で食べる事の利点の1つに、食べ物の温度が確認できると語られていましたね。

 

私はハッ!としたわけです。

 

温度…、温度……温度………

 

色々と気をつけているつもりでいるけど、食事の際に温度は気にしてなかったなーーっと。

 

極端に熱い物は食べませんが、熱めのお味噌汁を飲んだりして、たまに口内を火傷する事があります😅

 

真冬なんかに熱いお鍋をフーフーしながら食べるのとか最高ですよね💦

 

昭和の時代の頑固じじぃなんかは、ぬるい味噌汁が出てくると、ちゃぶ台をひっくり返したり…

(ノ-_-)ノ~┻━┻         (イメージ)

 

日本人?は、『あつあつ』が特にお好きな人種のような気がするのは私だけでしょうか?

 

で、その温度を意識してからというもの、自分が毎日食べている食事、特に汁物を食べる前に指を入れてどのくらい熱いのか?

温度をチェックしてみているのですが…。

 

これが、口に入れた時の熱さと指で触った時の熱さの感覚って、結構な差があって、指で感じる熱さは本当に熱いんですよ❗

 

普段、私が飲んでいるお味噌汁の熱さを指で確認すると、5秒しか我慢出来なかったですね・・・

 

こんなに熱いものを平気でフーフーしながらも飲んで、食道を痛めつけていたわけです。

 

食道・・・かわいそう。反省です。

 

 

で、私は思いました。身体の外部を守ってくれている皮膚も、内臓に面している粘膜も、刺激に対しては、イコールであるはずだと。

 

喉元過ぎれば~なんて言葉があるくらい、熱い、冷たいって、何故か、食道さんは太っ腹の感覚で許してくれてますが、実際には相当な我慢をしていてくれているはずです。

 

汁物をこぼして、皮膚にあたるとメッチャ熱いですよね?😅

 

キンキンに冷えたフローズンなんか、身体にかけたら冷たくてびっくりするし…

 

我慢大会のように、激辛料理を食べる番組がありますが、そんな刺激物を皮膚に塗ろうと思いますか?😅

 

 

 

ちょっと極端な考えかもしれませんが、食べ物を食べるにあたって、「これを皮膚に塗れるか?」という判断を1つ、意識するだけで、身体に優しい食生活が出来るのでは?と思う今日このごろです。

 

色んな事があって、最近、無性に海に行きたいと思う。

 

出来れば夜の静かな海に。

 

10代から20代前半くらいまでは嫌な事があると仕事が終わって友達を誘い、真っ暗な海へドライブがてら、よく行っていた。

 

特に何をするわけでもないけれど、暗くて静かな海で波の音を聴いていると、自分の悩みがちっぽけに感じたし、嫌な事を一緒にさらって浄化されるようなあの感覚がとても気持ち良かった。

 

 

やがてその友達たちも結婚し、もう夜の海だなんて誰も付き合ってはくれない😅

 

かと言って一人で行く勇気はないし、明日に備えて早く寝ようと思ってしまう。

 

大人になる?ってなんだか寂しいな・・・

 

 

いっそのこと、綺麗な海がある沖縄へ移住してみたいな~

 

現実的には無理だけど💦

 

想像するのはタダだしね(笑)

 

 

 

はぁ~、浄化したい❗