読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocorosalon’s diary

CHAGE&ASKAがやめられない。。。

心の闇

熊本地震の影響により、知人が仮設住宅に入居している。

月に一度程、知人の仮設住宅を訪ねる。

震災前はテレビでしか仮設住宅を見たことがなかったが、まさか仮設住宅の中を見るという経験をするとは思ってもみなかった。

 

無機質な外観とは裏腹に、以外と中は狭くはあるが、ビジネスホテルを思わせるような小綺麗な作りで、環境は悪くない。

ただ、慣れ親しんだ家を失い、急激な環境の変化は相当なストレスだと思う。

 

そんな知人の住む仮設住宅で、仮設敷地内に停められた車に傷を付けるイタズラが多発していると言う。知人も被害にあっていた。酷い車は、グルグルに描かれた傷を入れられていた…。

犯人は誰なのだろう…

全く想像がつかない。

どういう心理からこういう事をしているのだろう。

原因と理由は必ず存在する。

 

震災の真っ只中にも、悲しいかな空き巣に入り泥棒した人もいた。

車内避難している車に、家のリフォームの話を持ちかける詐欺師…

SNSでは、顔写真付きで詐欺に注意や、強姦に注意等の情報が友人から拡散されてきたりした。

余震で相当なストレスを感じていた中で、このような情報は、苦痛以外の何者でもなかった。

頑張れ、頑張ろう、と一生懸命に立て直そうと必死になる人達の中に、少数ではあるが、同じ気持ちではない人間もいる。

同じ人間が抱える心の闇の部分。

自分も、誰でも、どこかで、ボタンをかけ違えれば闇に遭遇してしまうのかな。

闇の入り口で立ち止まれるようにするには何が一番なのだろう。

闇の背景には必ず、貧困や孤独が関係しているように感じる。

そして、やっぱり、人は、人によって助けられると思うから、闇の入り口に立つ前にSOSを出し、それをケア出来る世の中に変えていく事が犯罪を未然に防ぐ事に繋がるような気がする。

犯罪に対しての罰を重くする事で犯罪が無くなるなら世の中はとっくの昔から犯罪のない平和な世の中になっているはず。

 

 

 

今日訪ねた知人は、今年中には新築の家が完成する目通しがついた。

 

皆が1日も早く普通の暮らしに戻れますように。。。